So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
登山教室 ブログトップ
前の10件 | -

4月28-30日北ア・槍ヶ岳 [登山教室]

GW前半は槍ヶ岳です。2カ月ほど前から。これを目標にリハビリしてきて無事に登る事が出来てほっと一息です。初日は槍沢ロッジまで入山。小屋もそれほど混雑していません。翌日は4時出発で10:00頃山頂。12:10に槍沢ロッジにもどり、一気に横尾山荘まで降りました。ここで解散となりました。30日は事務所に帰宅してみるとBBQでした!?
穂先
 ▲槍の穂先はほとんど雪が無いので、アイゼン無で登っている登山者もいました。ですが、雪の箇所は硬いバーンの所が多いので、アイゼン無はお勧めできない状態でした。岩場箇所を拾って登れなくはないけど渋滞の元かも・・・
山頂から
  ▲山頂からの展望♪小屋番のO氏も今年は雪が少なく落石が多いと言っていました。
横尾山荘
  ▲槍沢は一気に尻セードで下って、14:00頃には横尾山荘へチェックイン♪お風呂とご飯に癒されました。ここで解散となり、翌30日は私一人で下山です。
岳沢
  ▲上高地で撮影した岳沢。雪が無い・・・
BBQ
  ▲渋滞にギリギリ巻き込まれずに帰宅できました。ちなみに下り車線は混雑してましたね。事務所に戻ると、岩登り組から「海鮮BBQ食べたい」との意見が・・・
海鮮
  ▲海鮮!
イイダコと
  ▲イイダコにご満悦のA嬢(笑)。昨日に常念岳を日帰りで登ってから今日の岩登りに参加したという強者です♪
鶏
  ▲鶏の炭火焼きも美味しく頂き、今年のGWは終了しました。
nice!(0) 

3月10-11日八ヶ岳・阿弥陀岳南稜 [登山教室]

今回の土日曜日は八ヶ岳の阿弥陀岳南稜に行って来ました。
DSC_0235.jpg
▲広河原林道から見上げる阿弥陀岳西面。右のスカイラインが南稜です。昨日からの雪で白くなっていました。
DSC_0236.jpg
▲午後3時という早い時間に立場山に到着しました。雪はここまでは少なかったのですが、気温が高くてズボズボと潜るし、上部に4人テントを張れる場所が心配だったので、ここで幕営しました。
DSC_0237.jpg
▲朝というか夜中の2時に起きて午前4時にテント場を出発しました。雪が絞まり快適な登行でした。明るくなるころに核心部のP3の下に着きました。
DSC_0238.jpg
▲岩場の基部を左に回り込みバンドから雪のルンゼを登ります。新雪は10~15cmで下の雪は締まっていて快適でした。
DSC_0241.jpg
▲船乗りのA氏の希望で彼がリードをして、2人を引き上げます。少し風が強くなってきて、寒さが身に堪えて、P4のトラバースとミックスを越えました。
DSC_0248.jpg
▲山頂には午前8時半に到着。まだ誰も登ってきていません。御小屋尾根を下降して船山十字路に戻りました。御小屋尾根はトレースがあり、しかも下から続々と日帰りの登山者が登ってきました。船山十字路までは4時間弱の長い下りでした。
nice!(0) 

2月26-27日大同心稜~硫黄岳、28-29日硫黄岳 [登山教室]

26日(月)は赤岳鉱泉まで入山のみ。27日(火)は大同心稜~大同心頭~硫黄岳でした。風が強かったですが天気は最高でした!翌日は再び赤岳鉱泉まではいりアイゼンワーク講習。翌日は硫黄岳でしたが暴風とラッセルで途中敗退となりました。
煮カツ
  ▲26日の夕食は平日のレアメニュー「煮カツ」♪久しぶりに美味しかったです。
大同心稜
  ▲翌日は大同心稜へ。雪が少ないためアイゼンで登りはフクラハギに効いてきます。
硫黄岳から
  ▲大同心の頭(てっぺん)で景色を楽しんだら稜線へ登り返して硫黄岳へ縦走です。それなりに風もあり途中では飛ばされそうなくらいでした。写真の真ん中右のピークが大同心の頭です。
縦走中
  ▲硫黄岳山頂へは雪が少なく岩がゴロゴロで歩きづらいです。風もあり、ちょっとよろけてますね(笑)。景色を満喫・・・というような風でもないので、記念写真を撮って早々に下山しました。
下山
  ▲翌28日(水)は阿弥陀北稜組(MOC)と一緒に入山。鉱泉周辺でアイゼンワーク講習を行いました。ですが翌日は鉱泉で積雪30~50cm!一瞬晴れ間が見えましたが、その後は雷も鳴るような春の嵐!膝~腰までラッセルだった事と雪崩リスクが高いため途中で敗退。アイスクライミング講習に変更です。写真は鉱泉からの下山トレースが完全に消えて降りれなくなったお客さんと一緒に降りるスーパー小屋番Tです(笑)。
アイス
  ▲登頂は出来ませんでしたが、アイスクライミング体験できて良かったです。北稜組も敗退だったようです。お天気には勝てません。
nice!(0) 

2月24-25日上越・谷川岳登頂と雪洞 [登山教室]

谷川岳の天神尾根に雪洞を掘って登頂してきました。久しぶりの天神尾根の24(土)は多くの登山者が登っていましたが、夕方からは雪に変わり翌日の朝まで降り、20cmの新雪が積もりました。雪洞は天神山のコルに掘りましたが、カメラが作動せず撮ることが出来ませんでした。
DSC_0267.jpg
▲25日は6時過ぎに雪洞をスタートしました。熊穴沢避難小屋は雪の中に埋もれていました。急登になる事から風雪が強くなり、一時は敗退かと思いましたが、登るにつれて良くなってきました。
DSC_0268.jpg
▲2時間以上に及ぶラッセルで肩の標識にたどりつけました。もちろんトップで登りました。
DSC_0270.jpg
▲山頂に9時過ぎに到着。この後、続々とスキーヤー、ボーダー、登山者が登ってきました。
nice!(0) 

9/9-10北ア・前穂高岳北尾根 [登山教室]

今年初めての前穂高岳北尾根に行って来ました。久しぶりの土日曜日の好天で、山や道路は大渋滞。山小屋も登山者であふれかえっていました。幸いいつもお世話になる涸沢小屋では何とか布団を確保できました。
DSC_0246.JPG
▲涸沢小屋を3時半に出発しました。5・6のコルには一番乗りで着き、そこからコンテニアスで5峰を登ります。まだ薄暗い中、リードするK氏。
DSC_0247.JPG
▲5峰を越えて4峰の登りになると、続々と後続パーティが繋がってきました。5-7パーティいるでしょうか。
DSC_0248.JPG
▲4峰の岩場からは涸沢小屋とヒュッテ、張られたテントが俯瞰されます。今日も1日いい天気です。
DSC_0249.JPG
▲4峰から3峰の岩場に日が当たり始めました。ここにも1番で到着しました。前穂高岳の山頂には7時40分に到着しました。日陰がかなり寒くなり、秋を感じさせる気候になってきました。
nice!(1) 

5月3-5日北ア・槍ヶ岳登頂 [登山教室]

G.W後半は槍ヶ岳です。3日は槍沢ロッジまで入山。翌日は槍ヶ岳を登って再び槍沢ロッジ泊。5日は青山ガイドは涸沢にはいり、遠藤ガイドと合流して北穂東稜に行くため横尾で解散となりました。
DSCN9338.JPG
  ▲長大な槍沢を登ります。この槍ヶ岳が見えてからが遠いんだよね・・・
穂先
  ▲肩の小屋(槍岳山荘)からの槍の穂先。たくさんの登山者で賑わっています。
DSCN9363.JPG
  ▲念願の山頂♪しっかりしたアイゼン&ピッケルワークができないと怖いところです。帰りはグサグサに腐った雪の中、槍沢ロッジへ下山となりました。3日間とも良い天気に恵まれて良かったです。
nice!(1)  トラックバック(0) 

4月24-25日&4月29-30日西穂高岳登頂 [登山教室]

報告が遅くなりましたが、西穂高登頂の報告です。 24-25日は特に問題無く登頂。
nisiho170424_1.JPG
  ▲昨年は雪が少なく、稜線はほとんど雪がありませんでしたが今年はたくさんあります。
nisiho170424_2.JPG
  ▲快晴!T嬢(右)は爺が岳東尾根から連続参加です!いい天気に恵まれましたね♪
170429-30nisi_1.JPG
 ▲29日は入山日は雷の鳴る中の入山でした。翌日は快晴でしたが風がずっと10㎧弱ほどで結構寒く感じました。
170429-30nisiho.JPG
  ▲山頂から奥穂方向。10:00には西穂山荘に戻りました。明日3日からは奥穂南稜、槍ヶ岳、北穂東稜と続きます。
nice!(0)  トラックバック(0) 

4月22-23日北ア・爺が岳東尾根 [登山教室]

いよいよ八ヶ岳が終わって雪の北アルプスの山々に行く季節になりました。まずは易し目の爺が岳東尾根に行きました。今回は雪が閉まって歩きやすいものの、アイスバーンにもなっていて転倒、滑落の危険がありました。この季節特有の現象で、G.W.の早朝にも同様の現象になります。
DSC_0165.JPG
▲爺が岳東尾根上のテント場。1900m付近の快適な平らな斜面に張りました。
DSC_0166.JPG
▲翌朝のテント場からの日の出です。この直後の午前5時にテント場を出発しました。
DSC_0170.JPG
▲隣の鹿島槍ヶ岳にも朝日が当たり神々しいくらいでした。東尾根にはトレースがありませんでした。
DSC_0172.JPG
▲爺が岳東尾根の核心部。ナイフリッジのアップダウンがあります。ロープをつないで安全に通過します。
DSC_0175.JPG
▲白沢天狗尾根と合流した地点から爺が岳中央峰(右)と南峰(左)。美しい雪稜を登ります。
DSC_0178.JPG
▲中央峰に到着。午前9時頃でした。快晴で風が弱く最高の見晴らしでした。左後ろには剣岳が見えます。
DSC_0177.JPG
▲その山頂から見える美しい鹿島槍ヶ岳の双耳峰でした。左が主峰の南峰です。
nice!(1)  トラックバック(0) 

3月4-5日八ヶ岳・赤岳登頂 [登山教室]

入山日はいい天気!赤岳鉱泉周辺で雪上技術講習です。すでに雪上技術講習受講者だったので、主にアイゼンワークに重点を置いて講習しました。翌日は朝方は風もあり稜線もガスの中でしたが、次第に天気も回復してきました。文三郎道から登って地蔵尾根下山。稜線はそれなりに風はありましたが、雪山で無風は望めません。良い条件で登ることが出来ました。
行者から
  ▲行者小屋から。稜線にかかったガスも次第に晴れてきましたが、それなりに風はありそうです。
文三郎途中
  ▲文三郎道途中で。バックは阿弥陀岳です。最近、このショットがお気に入りです♪
阿弥陀
  ▲これは阿弥陀岳。同日程のMOC阿弥陀北稜組(柳瀬ガイド)が登っているはずです。拡大して(画像クリック)良く見ると、雪壁を登る4人パーティが見えます。話によると結構混雑していたようです・・・
地蔵尾根
  ▲山頂にタッチして、下山は地蔵尾根から。上部は雪の柔らかい部分もありましたが、おおむね、積雪が多くて降りやすかったです。13:00頃には赤岳山荘に戻りました。
nice!(0)  トラックバック(0) 

2017年2月22日 奥秩父アイスクライミング [登山教室]

 日帰りでアイスクライミングへ行ってきました。2日前の降雨の影響が心配でしたが登れました。 雪がない!ので取付に行くまでですでにアルパインな感じでした…。 新しいアックスで模擬リードの練習をしました、リードしている人はこんな事してるんだなぁ~。とか。 スクリュー決めてる時の脹脛が半端なかったりとか…。
P1010038.JPG
P1010040.JPG
模擬ではありますが、ロープを引きながら登ると登り方もスタイルもお二人とも(女子)クライマーに見えました。 今後に期待します。
nice!(0)  トラックバック(0) 
前の10件 | - 登山教室 ブログトップ