So-net無料ブログ作成

5月11-12日白馬岳主稜 [実践登攀]

初日は夕方に集合して猿倉荘Pでテント泊して、翌朝は3:30に出発しました。5:00頃に取り付き、8峰に上がるころに日がさしてきました。先行で3パーティ。途中で追い越して前に2パーティいます。気温はかなり暑く、所々でてくる岩場部分がもろくて悪かったです。11:00少し前に山頂着。村営頂上宿舎からは尻セードで下山し、13:30頃には猿倉に戻りました。
藪漕ぎ
▲所々でてくる岩場が嫌らしいです。
稜線
▲稜線は時折吹く風が冷たく気持ちよいですが、おおむね暑かった・・・
最後の登り
▲最後の雪壁は雪庇もほとんどなく、問題無く登れました。ただ、中間支点のある岩場は雪が解けてかなりむき出しになっていてそこに行くのも悪いのでスノーバーで支点作る必要がありました。
抜け口
▲抜け口①
抜け口
▲抜け口②。先行パーティが知り合いだったので、上から撮影してくれました♪
山頂
▲白馬岳山頂♪
大雪渓
▲大雪渓からの雪崩がすごかったです。猿倉に戻り、安曇野ICから大月まで高速乗って18:30頃に帰宅しました。これで私の担当する雪山は終了♪最後の白馬でまだまだ筋トレ(もう「リハビリ」という時期じゃないですね)必要と思いました。
nice!(0) 

nice! 0