So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

9月10~11日八ヶ岳・横岳大同心正面壁雲稜ルート [実践登攀]

 天気予報が良くなったので、小川山から転身して八ヶ岳に行きました。10(土)の入山日もにわか雨も降らず最高のコンディションになりました。しかし、山には登山者が一杯!!美濃戸の駐車場はどこも一杯。危うく駐車出来ない状況でしたが、何台か下山したので助かりました。赤岳鉱泉はそれほど混んでおらず、稜線の小屋やテント組が多いとの事でした。午前4時過ぎ!出発し、取り付き6時半。終了10時半でした。4ピッチ目トラバースと最終ピッチ&支点にハンガーボルトを打ち足しました。
大同心
▲下山中から見た大同心正面壁。中央下に知り合いのA夫妻が2ピッチ目を登っています。
1ピッチ目
▲1ピッチ目を登る遠藤ガイド。ほとんどフリーですが、ハングは2ポイント人工。
2ピッチ目
▲2ピッチ目終了点近くを登る。このピッチもフリー。1ポイントだけアブミです。
影
▲影・横岳&大同心壁が写っています。影の中に赤岳鉱泉があります。
3ピッチ目
▲3ピッチ目上部を登る。福田ガイド2世と呼ばれる・岐阜のM嬢!!そっくり・・・
4ピッチ目
▲4ピッチ目出だしの遠藤ガイド。ハンマードリル一式は10kg以上あります。腰が痛い・・・
トラバース
▲4ピッチ目からつなげてトラバースします。イナバウアーのムーブで通過する突き出た大岩前後にハンガーを2本打って安心して通過できるようになりました。
5ピッチ目
▲5ピッチ目の最終ピッチ。支点とランナー用に5本ハンガーボルトを打ち足しました。旧ボルト3本も使えますが体重を乗せる事が出来ないほど腐っていました。気をつけて登って下さい。
nice!(1)  トラックバック(2) 

nice! 1

トラックバック 2