So-net無料ブログ作成
モンベル・コラボイベント ブログトップ
前の10件 | -

4月7、8日谷川岳雪上講習 [モンベル・コラボイベント]

4月最初の週末は谷川岳で雪上講習です。ピッケルを使った滑落停止や初期制動の他にアイゼンワークなどの雪山必須の訓練です。各日の日帰り講習になります。
桜
  ▲7日は日差しもあり、ポカポカという訳ではありませんが、春山を感じさせる天候のなか講習できました。講習を終えて「谷川温泉・湯テルメ」で汗を流して、コンビニと近くのスーパーで夕飯を買い出していると、桜が満開でした♪
車中泊
  ▲夜半は風が強く、車もかなり揺さぶられました。5時頃に起きてみると雪です。まあ、天気予報通りなので驚きませんが・・・。カップ麺の朝食を終える頃には雨に変わり、7時過ぎには雨も小降りになりました。車の中にいても寒いので、ロープウェイ駅へ移動です♪
谷川岳
  ▲やはり水上町と山間部のロープウェイ駅は天気が違います(笑)。一時、吹雪のように雪が舞っていましたが、集合時間が近づく頃には晴れ間も出てきました。ロープウェイで天神平に上がると山頂はガスっていますが、まあまあの天気。
講習
  ▲時折吹雪、時折晴れ間。という落ち着かない天気でしたが無事に講習終了。スキー場もクローズ箇所があり、雪山シーズン終盤を感じました。※同日程の「三つ峠・岩登り」ですが、₋6℃という気温で、とてもクライミングを楽しむコンディションじゃなかったそうです。写真は無しです。
nice!(1) 

3月31-4月1日谷川岳登頂 [モンベル・コラボイベント]

3月最後の週末は谷川岳です。初日は雪上訓練を行い、翌日は天神尾根から登頂です。お天気も良く、春山・・・というか初夏の山のようなお天気でした。
トマノ耳
  ▲山頂(トマノ耳)は10:30着です。雪が腐る前に登頂できました。
山頂2
  ▲ちょっと上から撮影。周りの山も雪がだいぶ減ってきました。13:30にはロープウェイ駅解散となりました。
ふきのとう
  ▲で、谷川岳の戦利品♪「ふきのとう」がたくさん採れました♪フキ味噌にしたり、みそ汁の具にして楽しんでいます。
nice!(0) 

3月24-25日&26-27日木曽駒登頂と雪上講習 [モンベル・コラボイベント]

24日(土)-25日(日)で木曽駒に行って来ました。初日は雪上訓練で、翌日に登頂です。先週の雪が50cm程度積もっており、その下は硬いバーンでした。26(月)-27(火)も登頂と各日日帰りの雪上訓練を行いました。
夕食
  ▲24日、ホテル千畳敷の夕食♪とても美味しいです。
朝日
  ▲25日は天気は良いものの、稜線は結構な強風のようです。
朝食
  ▲朝食を食べて出発です。
トレース
  ▲千畳敷カールでは風でトレースが消されて、膝上のラッセルとなりました。強風で雪粒があたって痛いですが、幸い気温が高いのでそれほど苦ではありません。順調に稜線にでると、写真のような面白いトレースもありました♪ワカン跡が固まって周りが削られたような感じです♪♪
山頂
  ▲山頂へは1番乗りです♪大展望に満足。
下山
  ▲下山する頃には下から続々と登山者が上がってきました。混雑する前に降りられて良かったです。写真正面は宝剣岳。12:55便のロープウェイで下山しました。
雪上1
  ▲翌日26日は雪上訓練組と登頂組隣同士で雪上訓練です。今日もいい天気♪
雪上2
  ▲27日に登頂組が撮影してくれた雪上訓練風景。今日の雪面は良く滑りました♪本日無事に訓練も登頂も終了して帰京しました。帰り道で桜が満開になっていてびっくりです!28日、29日は阿寺でクライミングとレスキュー講習。今日は岩登り講習で、やっと明日30日(金)で一区切りです。
nice!(0) 

3月17-18日谷川岳登頂と雪上講習 [モンベル・コラボイベント]

初日はロープウェイ駅周辺で雪上訓練です。滑落停止や初期制動などのピッケルワークとアイゼンワークです。15時頃には宿へ移動でまったりです。土合駅を見学に行った参加者もいました。翌朝は朝食後にロープウェイで天神平駅へ。朝は-2℃だったのが、日の当たる稜線ではあっという間に16℃!中には半袖で登っている登山者もいました。まだ暑さに慣れていない体にはつらい所ですが景色は最高です。10:30には山頂に立ち、13:30にはロープウェイ駅解散となりました。
朝食
▲「土合山の家」の朝食。夕飯は撮影しませんでしたが、カニや陶板焼きもありかなり豪華です。
谷川岳
  ▲天神平駅から出ると、こんな景色です。谷川岳も良く見えます!
山頂直下
  ▲これは山頂直下の雪壁ですが、日差しが暑い!バテ気味の体に鞭打ってもうひと頑張りです。
トマノ耳
  ▲で、10:30山頂着!登山者で賑わっているのでパパっと撮影しました。さすがに山頂は風が冷たく、体が冷えてくるので15分ほど休憩して下山です。
オキの耳
  ▲オキの耳も登山者がたくさんいました。帰りは雪も柔らかくなりシャーベット状です。多少は滑りますが、カチカチの斜面よりは降りやすいです。13:30にはロープウェイ駅解散となりました。私は明日も雪上講習があるので「谷川温泉・湯テルメ」に入り、月夜野のベイシアで買い出して車中泊できるように準備した所で天気予報をチェックしたら雨!下山時にチェックした時よりも悪い予報に変わっていました。という訳でその足で帰京となりました。関越の渋滞にはまりながら20時に帰宅。特に上里PA手前の渋滞がひどかったので高崎ICで下車して下道を走っていると上里あたりで車が流れているのが見えたので再び上里IC(ATC専用)から乗車しました。ラジオでは上里の渋滞原因は逆走した車があり通行止めだったとか・・・恐るべし関越。
nice!(1) 

2月19日谷川岳・危急時対策 [モンベル・コラボイベント]

天狗岳に続いて週明けは谷川岳です。とはいえ登るわけでは無く危急時対策(=ビバーク技術)としてツエルトの張り方や雪洞構築を行ってきました。
DSC_0300.JPG
  ▲午前中はツエルトの張り方を講習し、午後からは雪洞掘りです。今回は参加者3名だったので3人が横になれるほどの大きさを掘る予定でした。
DSC_0301.JPG
  ▲何とか”完成”として入り口にツエルトを張ると、こんな感じに♪綺麗というか何というか・・・でも中は静かで皆さん大満足でした。今週末は実際に雪洞泊して谷川岳登頂しますよ!
nice!(0) 

2月17-18日八ヶ岳・天狗岳登頂と危急時対策 [モンベル・コラボイベント]

初日は渋の湯についてみると小雪が舞い始め、次第に吹雪のような…うーん、入山大変だな、と思っていたら次第に小降りになってきました。やれやれです。ヒュッテまで入山して休憩後は危急時対策としてツエルトの張り方や雪洞掘り。やはり雪が少なくて大きな雪洞は掘れませんでしたが形は講習できました。小屋前でもかなりの強風で、下山してくる人に聞くと東天狗へも行けなかったそうです・・。普通の週末なのに小屋は何故だかかなりの大混雑。翌日は7:00出発。小屋前で-20℃!防寒対策万全にして無事に東天狗~西天狗へ。西天狗へはトレースも風で消えていたのでちょっとラッセル体験もしてもらいました。今日は二番乗りでした!
黒百合ヒュッテ
  ▲下駄箱はこんな感じでした。広間も居場所が無いので部屋でまったりしていました。
東天狗
  ▲東天狗山頂。風速15m位でしょうか。気温は日向だからか-17℃になってました。 休憩もそこそこに西天狗へ縦走します。
西天狗
  ▲風向きもあるけど、少し風が止んできたかな?ラッキー♪9:30には小屋に戻り11:15には渋の湯に下山しました。渋の湯の駐車場も-13℃でした。あー寒かった。
nice!(1) 

2月5-6日赤岳登頂 [モンベル・コラボイベント]

平日で赤岳登頂があるので、アシスタントというかリハビリで八ヶ岳に行って来ました。
キャンディ
  ▲初日はアイスキャンディでアイゼンワークです。週末にはキャンディフェスティバルが開催されたようですが、今日はほとんど人いません。台湾など?の海外からの方が多かったでですね。
水餃子
  ▲夕食は「水餃子と赤魚」。これは初めてのメニューでしたが美味しかったです。
地蔵尾根
  ▲翌日は地蔵尾根~赤岳~文三郎尾根下山です。鉱泉で-10℃、稜線では-20℃、山頂では-15℃・・・かなり寒く、手の血液が凍って割れるんじゃないかという感覚でした。時折晴れ間もみえました。
山頂もう少し
  ▲が、山頂直下では運悪くガスの中。
山頂
  ▲山頂。視界は無いですが登れて良かった。
行者から
  ▲10分ほど休憩して下山です。行者小屋に降りてくるとうっすら山が見えましたが、再びガスの中。寒い一日でした。
nice!(0) 

1月27-28日北八ヶ岳・天狗岳登頂と危急時講習 [モンベル・コラボイベント]

1月最後の週末は天狗岳です。初日は黒百合ヒュッテ周辺でツエルトの張り方、雪洞構築を講習。雪洞は積雪が少なくてイマイチでしたが。今日はヒュッテも大混雑していました。翌朝は早い時間の朝食組に入れました。午後からは曇り予報だったのでラッキーです。6:30に小屋出発して東天狗~西天狗へ。我々の前にはソロの男性のみで、我々は本日2番手です。山頂は貸し切り状態です。9:30には小屋に戻ってこれました。いつもならゆっくりしてから下山ですが、渋の湯の水道管が凍結で温泉に入れません。11:25のバスを逃すと次は14:00台になってしまうようなので、急いで下山開始。皆さん頑張ってくれて、無事に間に合いました。
朝
  ▲28日早朝の黒百合ヒュッテ前。ここで-13℃。テントの明かりが綺麗です♪
朝食
  ▲ヒュッテの朝食。これに大皿に盛られたおかずがついています。これから登るんで、これくらいの量がちょうどいいです。(年齢のせいか?)
東天狗へ
  ▲東天狗への登り。展望はバッチリでしたが、下山する頃には雲が増えてきてました。小屋が混雑する前にさっさと下山。温泉に入れなかった人は残念でしたが、お疲れ様でした。
nice!(0) 

1月20-21日阿弥陀岳北稜とアイスクライミング体験 [モンベル・コラボイベント]

今回は術後初めて、8カ月ぶりのロープを使った復帰第1回のガイドになりました。初日はアイスキャンディ講習ですが、春のような陽気で一部氷が融けて危ないという事で、今日はガイドパーティのみ解放。ラッキーでした。翌日は小屋の混雑もあるので朝弁当で早出。6:00出発して7:30ジャンクションピーク手前~山頂8:50でした。12:00に鉱泉に戻り、赤岳山荘でまったりしてから帰宅しました。
北稜1
  ▲北稜(岩)は大混雑!それをしり目に左側の雪壁を一気に登ります。今日はいい天気です。
山頂
  ▲終了点から約10分で阿弥陀岳山頂です。富士山がくっきり♪北風がちょっと冷たく、北アルプス方向も若干曇っていました。やはり天気は下り坂ですね。
中岳沢から
  ▲同ルート下降で中岳沢まで降りてきました。私の膝も何とか持ってくれてよかったです。ただ、まだまだ下山に関しては課題が残りますので、要筋トレとリハビリですね。
肉蕎麦
  ▲13:30赤岳山荘に降りてきて遅い昼食。今回は私もそれなりに緊張しており、ほとんど食事してなかったので、暖かい肉蕎麦にありつけて幸せです♪今日は全身が筋肉痛ですが、取りあえず復帰第一戦が無事に終わってよかったです。
nice!(0) 

1月17-18日八ヶ岳・阿弥陀岳北稜 [モンベル・コラボイベント]

大雪の八ヶ岳に行って来ました。17日は雨の中美濃戸口まで入れたものの、林道終点から雪に変わり、赤岳鉱泉では1晩中吹雪いていました。朝起きると20cmほどの積雪がありました。出発の準部をしていると富山のTガイドが富山県警警備隊の研修で阿弥陀岳の北稜に行くという。警備隊の隊員は屈強の登山家なのでラッセルは任せたようなものでした。おかげで予定よりはやや遅れましたが、山頂には無事に立てました。
DSC_0239.jpg
▲2日目の八ヶ岳は晴天。しかし、南西の風が強く対岸の赤岳は風雪模様でした。阿弥陀岳北稜は反対なので風の影響はありませんでした。
DSC_0240.jpg
▲しかし、森林限界近くの積雪は30cm位あり、湿雪だったので重たい雪でしたが、警備隊の方にラッセルして頂きました。
DSC_0247.jpg
▲モンベルのイベントなので北稜の核心部の岩場を避けて、左の雪壁を登りトップに立ちました。
DSC_0246.jpg
▲山頂は南西の風が強かったのですが、気温は高めだったので快適でした。時間が遅かったので早々と同ルートを下山しました。
nice!(0) 
前の10件 | - モンベル・コラボイベント ブログトップ