So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2016年9月24-25日穂高屏風岩東壁・東稜ルート [実践登攀]

少し怪しい天気予報でしたが、8月から土日曜日は雨続きで嫌気がさしてきた所なので、運を天に任せて出発しました。穂高地方は何とか2日間とも雨が降らずラッキーでした。
byobu001.jpg
▲金曜日までの雨のせいで横尾谷は秋には珍しい増水となり、渡渉に苦労しましたが浅い所を見つけて膝までですみました。T4尾根に暗いうちの着き明るくなると同時に登攀開始しました。
byobu002.jpg
▲雲稜ルートの予定でしたが、上部東壁ルンゼが濡れている予想と上部でビバークしている人の声が聞こえたので、東稜ルートに変更して登りました。1ピッチ目のハングの核心部です。
byobu003.jpg
▲2ピッチ目の広大なフェースをボルトに導かれてグイグイと高度を上げていきます。
byobu004.jpg
▲3ぴチ目は左に右にと複雑なルート取りから赤茶けた壁の人工登攀になります。
byobu005.jpg
▲その赤茶けた壁の人工登攀。以前は脆い岩でしたが、近年はしっかり安定してきており、比較的快適な人工登攀です。
byobu006.JPG
▲上部テラスから赤茶けた壁を見下ろすと下部スラブ帯を含めて高度感満点な気分を味わえます。
byobu007.JPG
▲そこから1ピッチで終了点、さらに脆い複雑な灌木帯を登り屏風尾根に上がります。行きついた屏風ノ頭からは涸沢カールの美しい紅葉が見れました。
nice!(0)  トラックバック(0) 

9月23-25北ア・北穂高岳~奥穂高岳縦走 [モンベル・コラボイベント]

9月最後の週末は北アルプス・北穂高岳~奥穂高岳縦走。初日は雨予報でしたが、パラパラ程度の雨で涸沢ヒュッテまで入山できました。小屋はそれなりに混雑しており、布団3枚に6人です。(私は廊下で寝ましたが)。24日は4:30出発。北穂を越えて涸沢岳を越えて奥穂に登頂して下山。涸沢ヒュッテにもどったのは15:30過ぎでした。途中で雨に降られるか心配でしたが、ポツポツ程度で済んで、無事に登ることが出来て良かったです。
北穂への登り
  ▲早朝の涸沢ヒュッテの明かり。ガスっていましたが、日の出が近づくと共にガスが切れてきました。
日の出
  ▲北穂への登りの途中で日の出を迎えました。稜線はガスがかかっています。
涸沢岳
  ▲北穂高小屋で休憩してから縦走開始。時折ガスが切れたり覆われたりの天候でした。
涸沢岳山頂
  ▲涸沢岳山頂着。稜線は風が強く、とても寒い!
奥穂
  ▲眼下の穂高岳山荘に降りてから、次は奥穂高へ登ります。ここで正午前です。
奥穂山頂
  ▲かろうじて展望のある中、奥穂高岳山頂に立ちました。天気が下り坂なので、早々に撤収!ザイテングラード途中でポツポツ降られましたが、雨具を着る事もなく、無事にヒュッテに着きました。
涸沢カール朝焼け
  ▲これは最終日の朝焼け。ガスは切れずに稜線は見えずじまいでした。
朝焼け2
 ▲露出を変えて、山荘周辺テントもたくさん張られていました!
屏風岩
  ▲帰りに撮影した屏風岩。別働の遠藤パーティが登っているはずです。目を凝らしていると・・・
屏風岩フォーカス
  ▲登っている箇所をフォーカスしてみました。拡大してみると、パーティが見えます! 帰りは、中央道の渋滞で19:00過ぎに帰り着きました。。みなさま、お疲れ様でした!
nice!(0)  トラックバック(0) 

9月17-19日三つ峠 [岩登り講習会]

折角の三連休でしたが、遅っそい台風のため北岳&小川山は三つ峠へ変更になりました。初日は外岩が登れたので、マルチピッチ組とショートルート組に分かれて講習。翌日は雨のため小屋併設の室内ジムで登るだけでなく、レスキューなども講習して終了。最終日も天気予報が悪かったので期待はしていませんでしたが、朝方にポツポツ降る程度なので外岩に行ってみると、10時頃まで数本登ることが出来ました。それ以降は雨のため再び室内ジムでした。
夕飯
  ▲2日目の夕食。泊り客は我々だけでしたが、いつも通り豪華です♪今年の初さんまも食べられてラッキーです。
一般ルート周辺
  ▲最終日の午前中はこんな感じで雨が降ったり止んだり・・・。模擬リードなどの講習ができて良かったです。10時頃には岩が濡れて滑るようになってきたので室内ジムへ移動となりましたが、少しでも登れて良かったです。
室内ジム
  ▲室内ジムでは思い思いの課題を登ったり、レスキュー、ロープワークを行いました。体力の余っているK君は梁アブミ用スリングに自作板を取り付けて、ドライでリードしていました・・・。そういえば、同日程の奥穂~前穂縦走は途中敗退でした。最近は週末悪天に悩まされています。
nice!(1)  トラックバック(0) 

9月3-4日北ア・西穂高岳登頂 [モンベル・コラボイベント]

昨日まで富山県に行っていたため報告が遅くなりました。9月最初の週末は西穂高岳です。関東・甲信は悪天予報で東京近郊の岩場に変更しましたが、こちらは望みをかけて行ってきました。初日は蒸し暑い中、西穂山荘まで入山。登山者もそれなりに多くて驚きました。そういえば、深山荘の無料駐車場も満車、鍋平も満車で路肩に駐車されている車が多数ありました。こんな天気予報でも登山者&観光客は多いんですね。翌日の天気予報が午後から悪いので、午前中勝負で日の出前に出発。朝方は霧雨が降っていたので展望は諦めていましたが、次第に星空にかわり独標で日の出でした。岩は少し濡れていましたが、順調に登頂できました。
朝焼け
    ▲独標手前で前穂方向の雲が焼けてきました。肉眼ではもっと赤くなり、少し気持ち悪い感じです。
ピラミッドピーク
  ▲ピラミッドピークからはこんな絶景が!雲海に光があたってきて綺麗です♪
山頂直下
  ▲最後の岩場を登れば山頂です。早出して正解でした!9:20には山荘に戻り、西穂ラーメンの早い昼ご飯(朝ごはん?)を食べて下山となりました。
nice!(0)  トラックバック(0) 

8月27-28日 [岩登り講習会]

迷走台風の影響か週末は悪天予報になったため、小川山も唐沢岳も室内ジムに変更になりました。
ストマジ1
  ▲土曜日のストーンマジック。思い思いのルートを登って終了となりました。怪我でお休みしていたT嬢の復帰祝を事務所で行うので、早目の終了です。写真が無いのが残念ですが、ピザや鶏肉料理などでお祝いしました!
ストマジ2
  ▲翌日も室内ジムです・・。今日は朝からレスキュー講習。その後は思い思いの課題を登って終了となりました。雨で残念でしたが、いいトレーニングになりました。
nice!(0)  トラックバック(0) 

8月20-21日御坂・三つ峠山 [岩登り講習会]

雨模様の土日曜日でした。土曜日は室内ジムでしたが、日曜日は運よく晴れ間も見えて、外岩で岩登りが出来ました。
DSC_0063.JPG
▲福田ガイドのお昼弁当。色々なお稲荷さんをみんなで頂きました。
DSC_0129.JPG
▲日曜日の朝1番の一般ルート周辺は少し湿り気味。このあと20名位の大集団が押し寄せて岩場は大混雑しました。
DSC_0130.JPG
▲東面の地蔵ルートと鳳凰ルートは乾きが良く快適に登れました。
DSC_0131.JPG
▲東面のルート。右から地蔵左Ⅳ級+、さあってこれから5.8、薬師5.8.
DSC_0064.JPG
▲最後に第一バンドからの第2フェースクラック帯、登っているのは第一クラックⅣ級、その右の小森&中山クラック5.10cなども登りました。
nice!(1)  トラックバック(0) 

8月22~21日 北ア・前穂高北尾根 [実践登攀]

 夏山後半戦で北尾根へ行ってきました。入山日は時折ふる雨をかわしながら涸沢ヒュッテまで。ヒュッテでは音楽フェスティバルを開催してました。夕方から台風の影響か本格的な雨、明日は敗退か…頭がよぎりました。 ですが、朝外に出てみると星空が!準備を整え3時20分出発としました。5.6のコルでは本日の好天を予想させるきれいな朝日が我々を迎えてくれました。
P8210309.JPG
ルートも渋滞もなく、自分達のペースで登る事が出来ました。前日の雨でちょっとぬめってました。
P8210311.JPG
槍ヶ岳もくっきりと。
P8210312.JPG
ピークに抜ける美しいラインのクラシックルートです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

8月13-14日八ヶ岳横岳大同心北西稜と正面壁 [実践登攀]

小川山から引き続き八ヶ岳に行きました。初日は大同心北西稜、2日目に正面壁雲稜ルートを登りました。
P1040965 (768x1024).jpg
▲大同心の正面壁と左のスカイラインが北西稜。
P1040939 (768x1024).jpg
▲北西稜の1ピッチ目は新ルート。裏同心ルンゼの滝まで降りずに途中から凹角状を登ります。ハンガーボルト2本に赤布がついていました。
P1040943 (768x1024).jpg
▲2ピッチ目は草付きのトラバースから20mの登りです。
P1040945 (768x1024).jpg
▲3ピッチ目の草付き凹角。
P1040949 (768x1024).jpg
▲4ピッチ目のフェース&草付きは40mの長いピッチ。岩が脆いです。
P1040953 (768x1024).jpg
▲5ピッチ目のフェースから草付き。
P1040956 (768x1024).jpg
▲最終の7ピッチ目の被ったクラック。八ヶ岳らしい面白いピッチでした。
DSC_0124.JPG
▲2日目の正面壁はガスがかかり良い写真が撮れませんでしたが、この4ピッチ目からガスが取れ写真が撮れました。
DSC_0127.JPG
▲最終のドームの登りは急なフェースでした。
nice!(0)  トラックバック(0) 

8月11-12日奥秩父・小川山マルチピッチ [実践登攀]

<山の日の2日間で小川山に行きました。今回の目的はマルチピッチの登攀にありました。初日は涸沢2峰南壁、2日目は屋根岩3峰レモンルートを登りました。
P1040925 (768x1024).jpg
▲涸沢2峰南壁の1ピッチ目は、イエティのオリジナルルートⅤ級30mスラブ~フェースです。
P1040926 (768x1024).jpg
▲2ピッチ目のダブルクラックはカムのセッティングとジャミングの練習に最適です。
P1040928 (768x1024).jpg
▲最終の4ピッチ目のオリジナルルートは右の凹角5.7のコーナークラック。
P1040929 (768x1024).jpg
▲抜け出るところがやや悪く落ち着いてカムを決めたいところです。
DSC_0085.JPG
▲2峰の山頂は気持ちの要ところで、周りの山々や岩場が良く見えます。
P1040931 (768x1024).jpg
▲翌日の屋根岩3峰レモンルート。1ピッチ目のスラブ・クラックは40mの長いピッチです。
P1040934 (768x1024).jpg
▲2ピッチ目は空中を歩くようなトラバースです。とても気持ちが良いピッチです。
P1040937 (768x1024).jpg
▲3ピッチ目は言わずと知れた5.9のクラック!下部はレイバックでグイグイと。
DSC_0087.JPG
▲中間のボルトから上部が核心です。幅広のクラックを体と足(シューズ)を決めて登ります。
nice!(0)  トラックバック(0) 

8月13日~14日 御坂・三つ峠岩登り [岩登り講習会]

 お盆の頃の三つ峠、暑いかな?と思いきや、今回はガスの中でのクライミングで涼しくてお盆休みで皆さん遠くの山へ行っているのでしょう、岩場はガラガラでした。初日は中央カンテ基部でトップロープでのクライミングと懸垂下降等。翌日のマルチピッチ登攀に備えます。エキスパートの2名も加わり賑やかに初日を終えました。 四季楽園前の温度計で13℃くらいです、涼しいはずです。 翌日も夜半の雨はありましたが、乾きの良い屏風岩で中央カンテを登りました。
160814_083843.jpg
終了点からは懸垂下降で下ります。ガスのお蔭で高度感が少々緩和されたかな?
160814_095610.jpg
本日の〆は天狗の踊場まで!登り足りないとは言わせません。エキスパートのK君のリードでクラッククライミングも体験。 天狗の踊場で記念写真です。
160814_132905.jpg

nice!(1)  トラックバック(0) 
前の10件 | -