So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

10月21-22日二子山中央稜&越沢バットレス→室内ジム [岩登り講習会]

台風で二子山と越沢は室内ジムに変更となりました。散々な天気です。2日間とも淵野辺の「ストーン・マジック」で汗を流しました。
ストマジ1
  ▲まだ関東には台風上陸していませんが、結構な雨です。やはりどこにも行けないのでガイドさん達も多かったです。
事務所泊
  ▲遠方から参加のお二人は事務所泊です。メインはオデン。他はサラダ、豚テキなど・・・ついつい飲みすぎてしまいました。
ストマジ2
 ▲翌日も室内ジムです。しかしこんな天気だからこそレスキュー講習も行いました。来週は晴れてほしいものです。みなさん、お疲れ様でした。
nice!(0) 

10月16-18日八ヶ岳・南沢大滝整備&赤岳山荘と赤岳鉱泉キャンディ作り [整備&お手伝い]

16日(月)は毎年恒例の赤岳山荘キャンディ(オバチャン・キャンディ)土台作りと南沢大滝整備です。が天気予報が悪くて心配していましたが、日程調整の問題もあったので雨の中決行しました。翌日からは雨の中赤岳鉱泉へ移動して、鉱泉キャンディ架台作り。初日はお茶休憩もほとんどとらずに一気に作業をし、翌日は良い天気の中での作業。正午前に終了となりました。
南沢大滝整備前
  ▲遠藤ガイドと青山ガイドは南沢大滝整備へ。これは作業前です。
整備
  ▲今回、初整備の青山ガイド。今年から福田の代りにイエティのガイドを手伝ってくれていました。今冬もイエティで活動予定です。
南沢大滝整備後
  ▲こちらが整備後の大滝です。水流が幅広になっています。これと並行して有志ガイド(W校長、Mガイド、Oガイド)が赤岳山荘キャンディの土台作りも行っています。びしょ濡れになりながら15時過ぎに作業終了となりました。
赤岳山荘
  ▲私は力仕事はまだできないので、Nさんと一緒に山荘の掃除です。
ランプ
  ▲小屋のランプも綺麗になりました♪実際に停電時には活躍している現役ランプだそうです。明日からは赤岳鉱泉に移動です。
パンダ
  ▲鉱泉キャンディの力仕事はできないので、キッチンの手伝いに回りました。当初は「売店の受付仕事かな~」なんて思っていたら大間違い!食事準備、掃除など本当に忙しい!裏に入ってみないと分からなかったです。今回はスタッフ大半が架台作りに回ってしまっているとはいえ、小屋業務は大変ですね。ただ、今日は知り合いのH郷ガイドが誕生日という事なので、サプライズでサンマの塩焼きにパンダの大根おろしを付けさせていただきました(笑)。最初は「サンマを狙う猫」を作る予定が意外と難しく、「アヒル」に変更しましたが誰もアヒルと分からなかったので、最終的に「パンダ」に落ち着きました♪W校長秘書のN嬢にもご協力頂きました♪
誕生日
  ▲実際にH郷ガイドに渡したところ。”どうだ!”という表情が良いですね♪
鉱泉キャンディ
  ▲18日は朝から良い天気です。作業も怒涛のように進み、あっという間に完成したようです。正午前には解散となりました。
nice!(0) 

2017年10月14日~15日 北アルプス・西穂高岳登頂2DAYS [モンベル・コラボイベント]

 シーズン最後、静かな西穂高岳に行って来ました。 雪の便りが聞こえて来た北アルプスですが、麓は紅葉が盛りのようでした。
PA150400.JPG
右に見える建物が西穂高山荘そこから稜線の左側にあるピークが山頂です。12のピークで構成されています。
PA140389.JPG
予報が悪い事もあり小屋は静か、この頃外では綺麗な夕焼けがみえました。予報に反し高気圧が頑張ってくれたようで翌日 の天候も良い方に変わりました。
PA150395.JPG
登山道はほぼ我々だけ、登頂する頃は小雪が舞いはじめました。 溢れるような雲海の中下山しました、小屋には温かい西穂ラーメンがまっています。
PA150397.JPG

nice!(0) 

10月7-9日奥秩父・小川山 [岩登り講習会]

3連休は小川山に行って来ました。初日7日(土)が雨予報だったので、集合を遅くしましたが途中で雨が止み、晴れ間が・・・参加者に買い出しを頼んで急いで廻り目平キャンプ場に着いてみるとタッチの差で良いテント場が取れました!連休とはいえ、雨天だったのでまだキャンプサイトもガラガラです。テントを張り終え、まったりしてから八幡沢へ。10a~11bのフェース&スラブで一日目は終了しました。翌日はメンバーが一人増えて、屋根岩2峰ソラマメスラブへ。3日目は近場の弟岩へ行って終了しました。
トムと一緒
  ▲雨上がりで乾きの良いエリアへ。まずは「トムと一緒 10a」へ。ちょっと湿気っていますが問題なしです。
ogawa171007_1.JPG
  ▲お次は「ブラック&ホワイト10b」「ピンチ10c」など。今回は初小川山というメンバーもいるので、スラブを堪能(?)。
WAKAリード
 ▲本日の締めは「WAKA 11b」!今年からクライミングを始めたスクール生、K氏はなんとリードに成功!?なんて上達が早いんだ・・・
トップアウト
  ▲最初は「えー・・登れるわけ無いじゃん・・・」なんて言っていた仲良し女子2名(A&T)も11bをトップアウト!最近は天王岩通いをしていた成果でしょう。確実に強くなっていました!
宴会
  ▲それぞれの成果に乾杯!初イレブンのリードとトップアウト!!おめでとう!ちなみにメニューは「鶏のトマト煮」「ホワイトソース・パスタ」「チーズ入り枝豆&ベーコン入り餃子」。  
ソラマメハング
     ▲翌日はソラマメスラブへ。少し湿気っていたが問題なし。「ソラマメハング 10C」ではやはり天王岩の成果をここでも発揮したT嬢!ハング越え成功しました。
ソラマメハング2
  ▲・・・ここで途中参戦で1名合流。ソラマメスラブでアップしてからソラマメハングにトライ。ボルダラーという事は聞いていましたが、綺麗な登りでクリア!今日は強いメンバーばかりです。
オデン
  ▲リハビリでソラマメまで途中参加の強い女子を案内してきた福田は、夕飯の仕込みがあるためここで下山。今日はオデンなので、大根&煮卵を仕込まないと・・・♪ スクール生ホープのK氏は今日で下山。遠藤G以外は全員女子。女子会チックな宴会となりました。
ジョイフルジャム
  ▲連休最終日は交通渋滞を考慮して早出終了。朝食は残ったオデンを簡単に食べて弟岩へ朝練。ジョイフルジャム5.9や、
ジャンガラ
ジャンガラ11bなどを登って12:00終了。3日間指皮がよく持ちました(笑)
弟岩
  ▲クラック、フェースと盛りだくさんの内容を登れて満足の笑顔(?)
昼食
  ▲テント場にもどり、昼食を食べて解散となりました♪・・・交通情報をみると中央道は事故渋滞で乗る気になれず、思い切って三国峠越えに行ってみたら通行止め!急遽変更して塩山から奥多摩湖経由にしたら、これが大当たり♪17:00過ぎには帰ることが出来ました。
nice!(0) 

10月1日奥多摩・越沢バットレス [岩登り講習会]

土曜日はとても混んでる天王岩に行きました。ようやく乾いた季節になって、クライミングに最適な気候になったからでしょうか。日曜日はマンツーマンになったので、久しぶりに越沢バットレスに行きました。林道が通行止めと聞いたので、古里駅方面から越沢バットレスの終了点に行く登山道を辿りました。少し遠いですが確実に行くことが出来ます。
DSC_0234.JPG
▲懸垂ポイントから2ピッチ分下降して、右ルートに取り付きました。すぐに後続パーティが来ましたが、取りあえずトップになりラッキーでした。
DSC_0238.JPG
▲2本目は第二スラブに行きました。第一スラブの上部にはスズメバチの巣があって登る気になりません。
DSC_0239.JPG
▲ここもトップで登れて快適でした。まだ日が当たる前に2本目を終了しました。第二スラブ終了点から見ると、右ルート周辺は大混雑、
DSC_0240.JPG
▲鋸ルートを懸垂下降して戻りました。他のパーティの話だと林道工事はやってなく、バットレスキャンプ場から来たと言っていたので、そこから帰りました。すっかり綺麗になった林道は、東屋まで完成していて、通行止めもありませんでした。日曜日だからかもしれませんが。
nice!(0) 

2017年9月26日 西上州・裏妙義縦走 [モンベル・コラボイベント]

 里山のシーズンがはじまりました。群馬県の西上州裏妙義へ行ってきました。 平日という事もあり他の登山者と会う事もなく静かな縦走となりました。
DSC_0467.JPG
丁須の頭で記念写真、後ろは表妙義です。
DSC_0468.JPG
お楽しみの赤岩のトラバース、今回のメンバーも全員余裕で通過です。
DSC_0471.JPG
登山者には会いませんでしたが、蛭が沢山おりました。参加者の靴についた蛭、前泊された宿のご主人が蛭避けを持たせてくれたそうです。 ※濃度2パーセントの食塩水→蛭に掛けると蛭が靴から逃げていきました殺傷能力はありません。
nice!(0) 

9月23-24日穂高・屏風岩東壁 [実践登攀]

この連休は穂高の屏風岩に行って来ました。前日に横尾谷の渡渉点を偵察し、翌朝に備えました。横尾山荘を夜中の3時に出発して、T4尾根取り付きに5時前に到着。装備を整えて食事をして明るくなってから取り付きました。
DSC_0233.jpg
▲T4尾根の2ピッチ目を登るT嬢。2パーティに分かれて登っていますが、彼女は2パーティ目のトップです。
DSC_0235.JPG
▲T4尾根を登り切り、雲稜ルートに取り付きました。1~2ピッチ目を1ピッチ50mで一気に登りました。終了点間際のK氏です。
DSC_0237.JPG
▲2ピッチ目終了点の扇岩テラスを3ピッチ目から俯瞰しています。元気な面々。この日は後続も先行パーティもいない珍しい日でした。
DSC_0238.JPG
▲3ピッチ目の核心部の人工登攀部分。支点を打ち換えましたが慣れないと時間がかかります。
DSC_0241.JPG
▲4ピッチ目のハング下の恐怖のトラバース。年々脆くなっていて注意が必要です。
DSC_0245.JPG
▲6ピッチ目のスラブ40mの登攀。高度感も満点になってきました。さらに2ピッチ登り終了点に11時に到着しました。
DSC_0246.JPG
▲最近はスラブを登ってから懸垂下降するパーティがほとんどですが、我々はアルパイン・クライマーは屏風岩の頭まで登ります。約1時間のきつい登りは、この絶景を見るためです。稜線は紅葉が始まり、涸沢には日曜日なのにテントがちらほら見えます。
nice!(0) 

9月23-24日上高地~横尾 [ハイキング]

そろそろ山を歩かないと冬に間に合わないのでは・・・という心配がよぎります。またリハビリの先生に、つい最近「筋肉の付きがゆっくりですね」とショックな事を言われたので、落ち込みかけた気持ちの気分転換を兼ねて(落ち込んでいる場合じゃないし)屏風岩組と合わせて上高地から横尾まで歩きに行きました。多少アップダウンのある歩道を片道約3時間。ここを歩けなければ、冬の赤岳鉱泉にも入れないだろう・・・と。休憩するたびにコールドスプレーでアイシングしたら、コースタイム通り横尾に着けました(喜)。しかし翌日は全身筋肉痛。屏風に登るみなさんを見送ってからストレッチして下山開始。予定時刻オーバーながらもギリギリ上高地着となりました。
前穂
  ▲入山時は雨上がりという感じで稜線はガスガスで地面も濡れていましたが、横尾が近づくにつれて青空も出てきました。これは横尾山荘に15時過ぎに到着した時に撮影した前穂高岳。
横尾夕食
  ▲横尾山荘の夕食です。メンバーとも合流して、みんなでご飯食べるのは楽しいです。しかも外食!
屏風岩
  ▲翌日は、せめて屏風岩を眺めてから帰ろうと「岩小屋跡」まで歩きました。朝8時くらいです。探しても見当たらないので、まだT4の樹林の中ってことないよね・・・と、
アップ①
  ▲上から眺めて行ったら・・・いました!オレンジ色の粒がチョコチョコとえらい早く動いています!(クリックすると画像大きくなります。赤色〇)
アップ②
  ▲〇で囲んでみました(笑)。ウエア&ザックの色が地味なのか、1人しか分からなかったけど、すでに壁の半分以上登っています。20分くらい眺めてから私も下山開始。コースタイム約1時間オーバーで上高地着きました。疲れたし(3時間で疲れるのが問題だ!)、まだまだ普通には登れないけど、歩けたことに満足。(※屏風岩の報告は後日します)
nice!(0) 

9月16-18日天王岩&室内ジム19日天王岩など [岩登り講習会]

今回の3連休は台風で散々でした!16日(土)は午前中勝負のつもりで天王岩へ。幸い登ることが出来ました。17日(日)は室内ジム「ストーンマジック」へ。18日(月・祝)は乾きが良いがちょっと難し目な宝沢でクライミングとなりました。19日(火)は「登山に役立つロープクライミング」と天王岩とお楽しみのBBQでした!
17日
  ▲連休中日の17日はお二人が事務所泊で宴会でした♪生姜焼き、ピザ、餃子・・・よく食べよく飲みました!関東地方は思ったより台風被害もなく、9時過ぎには消灯。翌日は宝沢でクライミングでした。
ロープワーク
  ▲19日モンベルコラボの「登山に役立つロープワーク」は手術から3カ月ちょいで、やっと福田が復帰しました♪♪岩登りは、まだまだDr.ストップなので無理ですが、久しぶりに外で動けて、リハビリばかりで腐りかけた心が少しスッキリしました(笑)。
肉
  ▲同日程の天王岩組が意外に早く帰ってきました!そう、今日は待ちに待っていたBBQ。大工のS氏が美味しいお肉等を作ってくれます!こんなお肉を食べて・・・
ジム
  ▲次の料理ができるまでの合間に登って・・・また食べて・・・最高です♪
BBQ
  ▲暗くなってくると、山小屋みたいです・・・
焼きそば
  ▲色々と他の料理も用意していましたが、そこまでたどり着かずに締めのヤキソバとなりました。とても楽しい1日でした。
nice!(0) 

9/15 奥武蔵・名栗川白谷沢 [沢登り]

来年のモンベルコラボイベントの沢登りを3つ開催します。その一つである棒の峰の登山道でもある白谷沢を遡行してきました。
siraya01.JPG
▲白谷沢登山道入口から白谷沢に降ります。しばらくは緑が鮮やかで苔が多い沢筋を歩きます。
siraya02.JPG
▲堰堤を2つ越えると沢幅が狭くなり、いくつもの小滝が現れますが、ほとんどは直登可能です。
siraya03.JPG
▲水流沿いを登るのが基本です。この2日間の高温で水はそれほど冷たくありません。
siraya04.JPG
▲小滝をシャワークライミングするのが夏ならではです。しっかりした装備があれば問題ありません。
siraya05.JPG
▲白谷沢の核心部ともいえる連瀑帯。初心者にはロープが必要です。
siraya06.JPG
▲2つに分かれた滝の間を登りますが、苔むしていて滑りやすい所です。
siraya07.JPG
▲大滝は10m右側を直登しました。安全のためRCCボルトをランナーとして打ち足しました。約2時間の遡行でしたが、なかなか面白い初級向きの沢です。水流が多いと苦労するかも知れませんね。
nice!(0) 
前の10件 | -