So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

8月20-21日御坂・三つ峠山 [岩登り講習会]

雨模様の土日曜日でした。土曜日は室内ジムでしたが、日曜日は運よく晴れ間も見えて、外岩で岩登りが出来ました。
DSC_0063.JPG
▲福田ガイドのお昼弁当。色々なお稲荷さんをみんなで頂きました。
DSC_0129.JPG
▲日曜日の朝1番の一般ルート周辺は少し湿り気味。このあと20名位の大集団が押し寄せて岩場は大混雑しました。
DSC_0130.JPG
▲東面の地蔵ルートと鳳凰ルートは乾きが良く快適に登れました。
DSC_0131.JPG
▲東面のルート。右から地蔵左Ⅳ級+、さあってこれから5.8、薬師5.8.
DSC_0064.JPG
▲最後に第一バンドからの第2フェースクラック帯、登っているのは第一クラックⅣ級、その右の小森&中山クラック5.10cなども登りました。
nice!(1)  トラックバック(0) 

8月22~21日 北ア・前穂高北尾根 [実践登攀]

 夏山後半戦で北尾根へ行ってきました。入山日は時折ふる雨をかわしながら涸沢ヒュッテまで。ヒュッテでは音楽フェスティバルを開催してました。夕方から台風の影響か本格的な雨、明日は敗退か…頭がよぎりました。 ですが、朝外に出てみると星空が!準備を整え3時20分出発としました。5.6のコルでは本日の好天を予想させるきれいな朝日が我々を迎えてくれました。
P8210309.JPG
ルートも渋滞もなく、自分達のペースで登る事が出来ました。前日の雨でちょっとぬめってました。
P8210311.JPG
槍ヶ岳もくっきりと。
P8210312.JPG
ピークに抜ける美しいラインのクラシックルートです。
nice!(0)  トラックバック(0) 

8月13-14日八ヶ岳横岳大同心北西稜と正面壁 [実践登攀]

小川山から引き続き八ヶ岳に行きました。初日は大同心北西稜、2日目に正面壁雲稜ルートを登りました。
P1040965 (768x1024).jpg
▲大同心の正面壁と左のスカイラインが北西稜。
P1040939 (768x1024).jpg
▲北西稜の1ピッチ目は新ルート。裏同心ルンゼの滝まで降りずに途中から凹角状を登ります。ハンガーボルト2本に赤布がついていました。
P1040943 (768x1024).jpg
▲2ピッチ目は草付きのトラバースから20mの登りです。
P1040945 (768x1024).jpg
▲3ピッチ目の草付き凹角。
P1040949 (768x1024).jpg
▲4ピッチ目のフェース&草付きは40mの長いピッチ。岩が脆いです。
P1040953 (768x1024).jpg
▲5ピッチ目のフェースから草付き。
P1040956 (768x1024).jpg
▲最終の7ピッチ目の被ったクラック。八ヶ岳らしい面白いピッチでした。
DSC_0124.JPG
▲2日目の正面壁はガスがかかり良い写真が撮れませんでしたが、この4ピッチ目からガスが取れ写真が撮れました。
DSC_0127.JPG
▲最終のドームの登りは急なフェースでした。
nice!(0)  トラックバック(0) 

8月11-12日奥秩父・小川山マルチピッチ [実践登攀]

<山の日の2日間で小川山に行きました。今回の目的はマルチピッチの登攀にありました。初日は涸沢2峰南壁、2日目は屋根岩3峰レモンルートを登りました。
P1040925 (768x1024).jpg
▲涸沢2峰南壁の1ピッチ目は、イエティのオリジナルルートⅤ級30mスラブ~フェースです。
P1040926 (768x1024).jpg
▲2ピッチ目のダブルクラックはカムのセッティングとジャミングの練習に最適です。
P1040928 (768x1024).jpg
▲最終の4ピッチ目のオリジナルルートは右の凹角5.7のコーナークラック。
P1040929 (768x1024).jpg
▲抜け出るところがやや悪く落ち着いてカムを決めたいところです。
DSC_0085.JPG
▲2峰の山頂は気持ちの要ところで、周りの山々や岩場が良く見えます。
P1040931 (768x1024).jpg
▲翌日の屋根岩3峰レモンルート。1ピッチ目のスラブ・クラックは40mの長いピッチです。
P1040934 (768x1024).jpg
▲2ピッチ目は空中を歩くようなトラバースです。とても気持ちが良いピッチです。
P1040937 (768x1024).jpg
▲3ピッチ目は言わずと知れた5.9のクラック!下部はレイバックでグイグイと。
DSC_0087.JPG
▲中間のボルトから上部が核心です。幅広のクラックを体と足(シューズ)を決めて登ります。
nice!(0)  トラックバック(0) 

8月13日~14日 御坂・三つ峠岩登り [岩登り講習会]

 お盆の頃の三つ峠、暑いかな?と思いきや、今回はガスの中でのクライミングで涼しくてお盆休みで皆さん遠くの山へ行っているのでしょう、岩場はガラガラでした。初日は中央カンテ基部でトップロープでのクライミングと懸垂下降等。翌日のマルチピッチ登攀に備えます。エキスパートの2名も加わり賑やかに初日を終えました。 四季楽園前の温度計で13℃くらいです、涼しいはずです。 翌日も夜半の雨はありましたが、乾きの良い屏風岩で中央カンテを登りました。
160814_083843.jpg
終了点からは懸垂下降で下ります。ガスのお蔭で高度感が少々緩和されたかな?
160814_095610.jpg
本日の〆は天狗の踊場まで!登り足りないとは言わせません。エキスパートのK君のリードでクラッククライミングも体験。 天狗の踊場で記念写真です。
160814_132905.jpg

nice!(1)  トラックバック(0) 

8月11-13日北ア・奥穂高岳~前穂高岳縦走 [モンベル・コラボイベント]

山の日は上高地で記念式典があり、皇太子も参列という事なので渋滞を予想して前日から出発です。思ったよりもひどい規制は無かったですが、バス乗り場は大混雑!2,3便満席で乗れないバスをやり過ごして上高地へ入山となりました。熱中症に注意しながら涸沢ヒュッテまで入山。翌日は予定よりも早めに出発して奥穂へ。無事に頂上を踏んでから吊尾根を越えて前穂高へ。重太郎新道から岳沢へ下山して岳沢小屋泊。翌朝は晴れ間もありましたが、次第に稜線はガスの中という天気でした。
北尾根
  ▲12日に撮影したアサヒに染まってきた前穂高北尾根。もう軽アイゼン不要ですね。
奥穂
  ▲ザイテングラードを登って、奥穂山頂。
じゃんだるむ方向
  ▲ジャンダルム方向も良く見えます!まだ午前中なので涼しいです。
吊尾根
  ▲今日は前穂まで行かなければいけないので、早々に休憩を切り上げて吊尾根へ。
喜美子平
  ▲紀美子平着。結構登山者がいますね。
奥穂~吊尾根
  ▲左の奥穂から右へ(吊尾根)縦走してきました!
前穂高
  ▲10:40に前穂高岳山頂着!360度のパノラマに大満足です!まだ疲れた足で重太郎新道を降りなければいけないので、20分程度の休憩で下山開始。ところが、運の良いことに下山を始めてしばらくすると稜線はガスの中!展望は無いでしょうね。ドピーカンでないのも救いです。
岳沢小屋
  ▲14:30岳沢小屋に着き、登頂に祝杯をあげました!相変わらず夕食も美味しいです!翌朝は朝食が5:00なので、8:00には上高地へ降りました。
nice!(0)  トラックバック(0) 

8月6-8日剣岳登頂(別山尾根) [モンベル・コラボイベント]

8月最初の週末は剣岳に行ってきました。前日から出発して立山から入山します。駐車場で車中泊でしたが、朝起きてみると駅に一番近い駐車場は満車で続々と車が入ってきます。ケーブルカーが混まないうちに出発して室堂に入りました。熱射病になるんじゃないか・・と思うくらい暑いなか剱澤小屋着。シャワーで汗を流してさっぱりしたところで夕食です。翌日も天気が良いようなので、渋滞を考慮して4:00出発としました。朝起きてみると、すでに山頂直下にヘッドランプが!身支度をして予定通り出発。剱山荘に着く頃にはヘッドランプも不要になり、前後は渋滞しながらも順調に進みます。心配していた縦這いの渋滞もほとんどなく8:10山頂着。景色を楽しみ30分ほど休憩してから下山開始。横這いの渋滞もそれほど酷くなく12:00には小屋に戻りました。昼間から祝杯をあげました。翌朝も快晴!途中から雄山から縦走する人やみくりが池温泉に行く人で三々五々解散となりました。
日の出
  ▲途中で日の出が見られました。今日も良い天気のようです。
渋滞
  ▲一服劔を越えて、最初の鎖場で大渋滞。高校生か大学生か、団体さんが多数いました。
縦這い
  ▲「カニの縦這い」それほど渋滞なく通過中♪
縦這い上から
  ▲こちらは上から撮影した柳瀬パーティ
縦這い抜け口
  ▲縦這いの抜け口から。あともう少しで山頂です。
山頂
  ▲山頂は大勢の登山者で賑わっていました。
山頂から
  ▲うっすら富士山も望めるほどいい天気です♪
横這い
  ▲30分ほど休憩して、下山開始。難所の「カニの横這い」も余裕(?)。途中でトレランの人たちに会いました。やけにいるな~と思っていたら大会だそうで、しかもトランスなんちゃら・・という日本海から太平洋へ人力のみで走りぬく大会だそうで・・・横這いの渋滞中に柳瀬ガイドがランナーに聞いたところ「今日はあそこまで」と指差した先は薬師岳のようですね・・・・・今日は日本海から早月尾根を登ってきたそうなので、早朝のヘッドランプはすでに下山を始めたトップのランナーだったんですかね。(前劔あたりで会いました!)どうりでTV撮影(BS放送)している人が多いと思いました。信じられない人達です。
劔澤
  ▲無事に劔澤小屋にもどり、シャワーを浴びて「劔人」Tシャツを購入して・・・前回の報告をご覧いただいたそうで「やってみたい」という要望に応えて、今回もこのポーズです!※若干違うバージョンのTシャツもありますが劔岳のTシャツです(笑い)
下山日
  ▲下山日の朝も良い天気です。暑くなる前に下山しました。
nice!(0)  トラックバック(0) 

8月1日~3日 北ア・槍ヶ岳北鎌尾根 [実践登攀]

 3度目の正直(実は4回目の挑戦だった)で北鎌尾根完登してきました。この不安定なお天気の中。 東鎌尾根への分岐、この頃は良い天気です。
P8010249.JPG
初日は北鎌沢出合まで、夜半の雨に備えて出合より100m程高い場所にて幕営。 テント設営後16時頃から土砂降りの雨でした。 4時20分出発とし7時北鎌のコルに到着。北鎌沢右股は雨の翌日という事もありかなり上部まで水流がありました。
P8020253.JPG
天狗の腰掛手前でアンザイレンをして、槍の穂先を目指します。薄日が差すものの、終始ガスに覆われる中の登攀となりました。独標から先、途中薄くなるトレースにルートファインディングを慎重に進みます。
P8020257.JPG
北鎌平手前で大粒の雨と雷、雷は運よく我々の後ろの方にいるようで写真を撮る事もなく雷に追いかけられながらも執念の槍の穂先にと無事到着しました。
P8020260.JPG
やはり、長い北鎌尾根。天候と体力等余裕をもって望むべきルートです。
P8020262.JPG
槍ヶ岳山荘はそれでも大勢の登山者で賑わい、美味しい夕食が準備されていました。 最後、この3日間で歩いた距離47.1キロ。お疲れ様でした。
P8030271.JPG

nice!(0)  トラックバック(0) 

7月30日~31日 北ア・西穂高登頂2DAYS [モンベル・コラボイベント]

 初日は生憎の雨、小屋は夕食4回戦で夏山真っ盛りです。翌日の天気に期待してですね。 翌日曜日は雨洗われ一層きれいな空です。
P7310244.JPG
4時出発で6時半に登頂、山頂でのんびりしました。
P7310243.JPG
何度きてもいい場所だなと思います。
P7310245.JPG
独標でポーズ
P7310246.JPG
小屋でお約束の西穂ラーメンです、汗を掻いた体に兆度よい塩加減です。
P7310247.JPG

nice!(0)  トラックバック(0) 

7月30-31日奥秩父・小川山 [岩登り講習会]

7月最後の週末は小川山です。前日出発して場所取りしようと思いましたが、剣岳の後片付けに追われて当日早朝出発としました。キャンプ場には7:30過ぎに着きましたがタッチの差で良い場所が取れました。やはり夏休みなのでしょう。その後も続々とキャンパーやクライマーが来ていました。初日は弟岩です。周辺の岩場も混んでいるようなので、終日ここで講習となりました。 翌日は早出してマルチピッチへ。正午には終了しました。
弟岩
  ▲弟岩は少し湿気っていましたが、それぞれリードしたりと楽しみました。
蝶
  ▲頭に美味しい何かがついているんでしょうか・・・登っている最中もずっと蝶がくっついていました・・・
夕食
  ▲夕食の準備を手伝うR嬢!錦糸卵も焼けるようになっていました!メニューは「冷やし中華」「カレー風味の手羽」「ウインナーと鶏肉ピカタ」「白桃」です!今回はちょっとお肉が多すぎました(笑)
ガマ
  ▲ガマルート5P目の右上するスラブをリードするT姐さん。カムを決めながらパワフルに登っていきます。ガマルート後はフェニックスの岩場へ行きましたが、懸垂ポイント頭上に大きなハチの巣が出来ていたので、上部へは登らないのが賢明です。正午には切り上げて下山となりました。
nice!(0)  トラックバック(0) 
前の10件 | -